失敗しない自宅で行う乳首の黒ずみ対策3つのポイント

ポイント1:乳首の黒ずみ専用の商品を使用する

 

乳首 ピンク

 

「乳首の美白も、顔の美白も同じでしょ」
と、顔用の美白美容液や美白化粧水を乳首に使用してしまっていませんか。
美白化粧品は一般的に、普通の化粧品と比べると刺激が強く、肌トラブルが起きやすいとされています。
また、保湿力が低いため乾燥しやすいというデメリットもあるようです。
乳首はデリケートなパーツなので、うっかり顔用の化粧水や美容液でケアすると炎症やかゆみの原因となってしまうことも……。
乳首周辺には汗腺の一つであるアポクリン腺が多く集まっており、雑菌が繁殖しやすいのだとか。
自宅で乳首の黒ずみをケアする際には、肌トラブルを避けるためにも乳首専用のクリームなどを使用することをおすすめします。

 

 

ポイント2:長く継続できる商品を選ぶ

 

乳首 ピンク

 

乳首の黒ずみの原因はメラニン色素の沈着によるもの。
そのため、数回使用した程度ではなかなか効果を実感できません。
お肌のターンオーバー周期に合わせて、2カ月以上じっくりと継続して使い続けることが大切。
そのため、「使いやすい」「購入しやすい」と思える商品を選ぶことが継続の大きなポイントになります。
「塗り心地がベタベタで気持ち悪いからスグに拭き取ってしまう」
「お値段が高くて、もったいないから少ししか使っていない」
なんて商品だと、どんなに口コミ評価が高くてもNG。
また「いかにも、なパッケージで店頭で買うのが恥ずかしい」という商品も避けたいものです。
通販で中身が分からないように自宅に届けてくれる商品だと安心ですね。
価格や使用感などを比較検討して、無理なく続けることのできる商品を選ぶようにしましょう。
通販で購入する場合には、返金保証のある商品を選ぶと安心です。

 

 

ポイント3:乳首の黒ずみクリームだけに頼らない

 

乳首 ピンク

 

乳首が黒ずむ原因は、加齢によるターンオーバーの乱れやホルモンバランスの乱れ。
しかし、日常生活の些細な習慣が黒ずみの原因となっている場合もあります。
例えば、サイズの合わないブラジャーやナイロンタオルでの摩擦など。
乳首の黒ずみ対策クリームを使っているから、何をやっても大丈夫、というワケではありません。
せっせとクリームを塗っていても、ナイロンタオルでゴシゴシと擦っていては、せっかくのクリームも効果が半減してしまいます。
日ごろの生活を見直した上で、専用のクリームでケアすることがピンク色の乳首に近づく秘訣かもしれませんね。

 

 

実体験から選んだおすすめの乳首の黒ずみ対策クリーム

ホスピピュアの特徴

ホスピピュアは湘南美容外科と共同開発した乳首の美白専用のクリーム。 美白成分トラネキサム酸を配合しており、天然成分、無添加にこだわった美白クリームです。 さらに、スクワランやシアバターなどの保湿成分が配合されており、敏感肌にも優しい処方。 商品名やブランド名が分からないように配慮した梱包で届くので、家族に内緒でも安心。 徹底美白コースなら約39%OFFの5,500円、2回目以降もずっと5,500円で継続することができて大変お得です。 また、90日間の返金保証があるので、万が一お肌に合わなくても安心。

価格 5,500円
返金保証 90日間
評価 評価5

ホワイトラグジュアリープレミアムの特徴

ホワイトラグジュアリープレミアムには3種類のビタミンCを独自処方した「スーパーVCT」を配合した乳首専用の美白クリーム。 生ビタミンC、水溶性ビタミンC、油溶性ビタミンCの3種類のビタミンCの働きで、メラニン色素の発生源である基底層まで浸透し、作用します。 さらに、ヒアルロン酸、プラセンタ、ビタミンE、コラーゲン、アロエベラエキスなど7種類の保湿成分を配合。 商品は中身の分からないゆうパケットでポストに投函されるので、留守中でも家族にバレずに受け取ることができます。 お得な定期購入なら4,000円OFFの5,980円、定期購入を続けた回数に応じて割引率もアップしていきます。 万が一、肌荒れがあった場合には最大90日間の全額返金保証があるので安心。

価格 5,980円
返金保証 90日間
評価 評価4.5

イビサクリームの特徴

イビサクリームはワックス脱毛サロンのイビサワックスが開発したデリケートゾーン専用美白クリームです。 美白成分トラネキサム酸、抗炎症成分のグリチルリチン酸2Kが配合されています。 さらに、ヒアルロン酸ナトリウムやシロキクラゲ多糖体、ローズ水など8種類の保湿成分を配合。 商品は宅配業者にも中身が分からないレターパックで届くので、留守中に家族が受け取っても商品がバレる心配がありません。 定期配送の集中ケアコースなら、30%OFFの4,970円、カード決済ならさらにお得な4,470円で購入可能です。 28日間の返金保証があるので、安心して試すことができます。

価格 4,470円
返金保証 28日間
評価 評価4

ビローザの特徴

ビローザは美白成分トラネキサム酸に加えて、抗炎症成分グリチルリチン酸ジカリウムを配合した乳首専用の美白クリーム。 さらにコラーゲンやヒアルロン酸など24種類の天然成分を配合。 独自技術でナノ化した成分が肌の奥までしっかりと浸透します。 商品は目隠し梱包のゆうパケットでポストに投函されるので、不在時でも受け取り可能で家族に内緒でも大丈夫。 定期コースなら54%OFFの3,980円とリーズナブルなお値段も魅力です。 万が一、肌荒れがあった場合には25日以内であれば全額返金保証があるので安心。

価格 3,980円
返金保証 90日間
評価 評価3.5

 

 

女性50人に聞きました!乳首の黒ずみに悩んでいますか?

乳首 ピンク

●私の乳首の黒ずみは年齢を重ねてからではなく若い頃からずっと気になっていて、年々黒ずみが酷くなっているような気がしています。また乳首だけでなく乳輪も黒ずんでいるので、誰に見せるわけでもないとはいえ、見た目が汚いなと悩んでいます。(40代前半、専業主婦、既婚)

●乳首の色が左右で茶色とこげ茶色というように違う色をしていておかしく思います。色が違うだけではなく、乳首がマダラになっていって自分で見ていても気持ちが悪いです。温泉やスーパー銭湯に行きたいんですが、他の人のおっぱいをみてもそんな人にはあったことがなくて、銭湯に行くのがこわいです。(30代前半、自営業、未婚)

●10代の頃は乳首の黒ずみはなかったのですが、出産後はどんどん黒くなっていき今では人に見られるのが恥ずかしいほどの黒さになりました。産後は黒くなりやすいとは聞いていたが、ここまで乳首が黒くなると恥ずかしくて温泉にもいけないような状態です。(30代後半、会社員、既婚)

●子供の頃から乳首の色について何だかちょっとピンクじゃないなぁ、みんなもそうなのかなぁ?って思い続けていました。温泉に入りに行ったりすると70代80代くらいのおばあちゃんの方が私よりピンクなんです。かといって何をしたら乳首の色が薄くなるのかもわからず、モンモンと悩み続けて30年(10歳くらいから思ってる)です。解決方法みつからないまま、もうどうでも良くなっちゃう年齢を迎えようとしています。(40代前半、アルバイト・パート、未婚)

●知人と温泉旅行に行った時に、自分の乳首の黒ずみに気が付きました。場所が場所なだけに人に相談することが出来ずにいます。赤の他人ならともかく、知人との旅行に行くときに黒ずみについて考えてしまいます。特に、一緒にお風呂に行くことが憂鬱で、温泉を純粋に楽しむことが出来なくなっています。(20代後半、アルバイト・パート、既婚)


>>続きを読む

何気ない生活習慣が乳首の黒ずみの原因だった?

乳首 ピンク

 

何だか年々、乳首の黒ずみが濃くなっているような気がする……。
黄色人種である日本人の場合、乳首の色はピンク色ではなく茶色が普通。
乳首の色が周辺の皮膚と異なっているのは、メラニン色素による色素沈着だそうです。
メラニン色素というと「シミの原因になる厄介なモノ」のイメージが強くあります。
しかし本来、メラニン色素は紫外線などの外部刺激からお肌を守ってくれる必要不可欠な細胞。
メラニン色素が厄介なのは、増えすぎたメラニン色素が排出されずにお肌に留まってしまうから。
乳首が黒ずむ原因も、排出されずに蓄積されたメラニン色素ということになります。
「でも、乳首なんて顔に比べれば紫外線の影響も少ないのに、どうしてメラニン色素が増えるの?」と不思議ですよね。
メラニン色素が増える原因は紫外線だけではありません。
日常の何気ない習慣がメラニン色素を活性化させる原因、ということも多いんです。

 

 

加齢によるターンオーバーの乱れ

 

乳首 ピンク

 

メラニン色素自体はお肌にとって決して悪いものではなく、むしろ必要不可欠な細胞です。
お肌の基底層にある「メラノサイト」で産生されたメラニン色素は、ターンオーバーを繰り返して皮膚の表面に押し出されます。
本来であれば、皮膚の表面に押し出されたメラニン色素は古い角質と一緒に排出されてしまい、お肌に残ることはありません。
しかし、年齢と共にターンオーバーが乱れると、古い角質がいつまでも蓄積されてしまいます。
その結果、排出されなかったメラニン色素が蓄積し、色素沈着を起こしてしまうんだそうです。
「10代、20代のはじめの頃はこんなに乳首が黒く無かったのに……」
なんて場合は、ターンオーバーの乱れによるメラニン色素の蓄積が原因かもしれません。
また、ターンオーバーが乱れる原因は加齢だけではありません。
ストレスや疲労、不規則な生活もターンオーバーの乱れる原因です。
ターンオーバーの乱れは乳首の黒ずみだけでなく、顔にとってもシミや肌荒れの原因になりイイこと無し。
できるだけ規則正しい生活を心がけるように意識したいですね。

 

 

ナイロンタオルによる摩擦

 

乳首 ピンク

 

ザラザラとしたナイロンタオルで身体を洗うと、汚れがスッキリと落ちた気がして気持ちがイイですよね。
だけど、実はナイロンタオルのゴシゴシは、お肌にとってはとってもダメージが大きいのだとか。
皮膚は摩擦を繰り返すと、「攻撃を受けた」と判断してメラニン色素を活性化してしまいます。
その結果、黒ずみを助長することになってしまうんですって。
乳首の黒ずみにとどまらず、背中から肩にかけて黒ずむ「ナイロンタオル黒皮症」が30代に急増しているそうです。
また、ゴシゴシと擦ることで炎症をおこしやすく、ダブルでメラニンの活性化を促進してしまいます。
乳首に限らず、ナイロンタオルで力任せにゴシゴシと擦るのはお肌にとってもあまり良いことではありません。
特に乳首は腕や足に比べると皮膚が薄くデリケートなので、刺激に弱く肌トラブルが起こりがち。
乳首を洗う際には、石鹸やボディソープをたっぷりと泡立てて、指の腹で優しく洗うようにしましょう。

 

 

サイズの合わないブラジャー

 

乳首 ピンク

 

ブラジャーを購入する際、きちんとサイズを測っていますか?
ブラジャーのサイズが小さすぎると、バストを圧迫して乳首に刺激を与えてしまいます。
その結果、メラニン色素が活性化して乳首が黒ずむ原因になることも……。
一方、大き過ぎるブラジャーも、ブラジャーの中でバストが動くため、乳首が摩擦で黒ずんでしまいます。
また、気を付けたいのが乳首の蒸れや乾燥です。
夏場になると、厚いパッドを入れたブラジャーは蒸れて「乳首がかゆい」と感じることも多いのではないでしょうか。
乳首は皮脂線が多くて、蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすいのだとか。
乳首のかゆみや炎症を放置すると、湿疹やただれを伴った乳頭炎や乳輪炎を引き起こす可能性もあります。
大き過ぎるブラジャーも、乳首を摩擦することで、乾燥からかゆみや炎症を引き起こす原因となってしまうそう。
通気性の悪い化学繊維素材のブラジャーや、ジェルパッドブラなども要注意。
ブラジャーを選ぶ際には、自分のバストサイズに合った商品を選ぶこと。
さらに、素肌に優しい天然素材のものを選ぶように心がけましょう。

 

 

洗い過ぎてカサカサ

 

乳首 ピンク

 

乳首の蒸れによる湿疹やただれだけではなく、乳首の乾燥も黒ずみの原因になります。
ボディソープに含まれる界面活性剤や、化学繊維素材の下着による摩擦などによって、乳首は乾燥しがち。
「乳首が乾燥してかゆい」
「乳首がカサカサに乾燥して、ポロポロと皮がむける」
という悩みを抱えている女性も多いのではないでしょうか。
しかし、乾燥してかゆいからといって、かきむしってしまうのは一番やってはいけないこと。
メラニン色素が活性化して、乳首が黒ずむ原因になってしまいます。
また、強い力でゴシゴシと擦ることで角質が厚く堆積する「角質肥厚」を助長して、乳首が固くゴワゴワになってしまうことも。
乳首が乾燥してかゆい場合には、しっかりと保湿を行うことが大切。
市販のかゆみ止めクリームなどは、刺激が強すぎる場合があるので、注意しながら使うようにしましょう。

 

 

妊娠出産に伴うホルモンバランスの変化

 

乳首 ピンク

 

妊娠すると乳首の色が濃く、黒くなると言われています。
これは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのバランスが変化したため。
非妊娠時には、エストロゲンは生理後から徐々に分泌量が増え、排卵日にピークを迎えます。
一方、プロゲステロンは排卵日から徐々に分泌量を増やして、生理前に分泌用が最も多くなるというローテーションです。
しかし、妊娠時にはエストロゲン、プロゲステロンの両方の女性ホルモンが全開に分泌されます。
エストロゲンの分泌量は妊娠後期に最大量となり、その量は通常ピーク時のなんと50倍。
プロゲステロンも妊娠後期に最大量となり、通常ピーク時の10~20倍の量が分泌されるとのこと。
そして、エストロゲンとプロゲステロンの両方に、メラニン色素を活性化させる作用があるんです。
そのため、妊娠中は乳首の黒ずみだけでなく、シミやそばかすがとってもできやすいのだとか。
妊娠中に黒くなった乳首は、出産、授乳後、ホルモンバランスと共に元の色に戻っていくと言われています。
ただし、高齢で出産した場合などは、ターンオーバーが遅くなっているため、そのまま色素沈着してしまう場合もあるようです。
柔らかい乳首は赤ちゃんが授乳しやすいとも言われています。
「勝手に戻るなら放っておいてもいいや」とおざなりにせず、保湿クリームなどでお手入れすれば、黒ずみ防止にもなり一石二鳥。

 

 

乳首の黒ずみ対策、どうすればいい?

乳首の黒ずみを解決する方法は、自宅で行える方法とクリニック等で行う方法の2種類があります。
クリニックの方が早く黒ずみを解決することができますが、その分、費用が高く、痛みやダウンタイムを伴うことも。
また、自己流ケアで食材などを使用すると雑菌が繁殖し、乳頭炎や乳輪炎を引き起こす可能性もあります。
乳首はデリケートなパーツなので、自宅でケアする際には必ず専用のクリームを使用するようにしましょう。

 

 

ピコレーザー

 

乳首 ピンク

 

黒ずんだ乳首や乳輪をピンク色にする専用のレーザーです。
生まれつき色黒な乳首も自然なピンク色にすることが可能。
ただし、治療中はパチパチと弾かれるような軽い痛みを伴います。
治療後1~2週間は黒いかさぶたで覆われて、かさぶたが剥がれると薄くなった乳首が表れるとのこと。
治療回数はクリニックによってことなりますが、だいたい5~10回の照射で効果が実感できるそうです。
ピコレーザーの機械自体がまだ新しくて普及しておらず、取り扱える医師やクリニックが限られています。
そのためか、治療費も比較的高めに設定されていることが多いようです。
だいたい1回の照射で10,000円~20,000円で設定しているクリニックが多いようです。

 

 

ハイドロキノン/トレチノイン

 

乳首 ピンク

 

高濃度のハイドロキノンとトレチノインを併用して乳首を美白する方法です。
高濃度のハイドロキノンやトレチノインは処方箋薬のため、皮膚科やクリニックのみの取り扱いとなります。
朝晩2回の使用で、2カ月後には効果を実感することができるとのこと。
ただし、使用を中止すると元に戻る可能性もあるそうです。
ハイドロキノンもトレチノインも刺激が強い成分のため、炎症や白斑などの副作用が起こりやすい成分。
必ず医師の診断の元で使用するようにしましょう。
ハイドロキノンの濃度が4%以下の場合であれば、副作用の起きる確率は低いとされています。

 

 

トラネキサム酸

 

乳首 ピンク

 

トラネキサム酸は多くの乳首、デリケートゾーンなどの黒ずみケア商品に活用されている美白成分です。
安全性が高く、高い美白作用が期待される成分。
資生堂のHAKUや第一三共ヘルスケアのトランシーノに配合されている美白成分としてもおなじみです。
トラネキサム酸はメラニン色素の沈着、黒化抑制に加えて、メラニン色素を排出する働きにも優れているとのこと。
色素沈着の予防だけでなく、できてしまった黒ずみにも対応してくれる優れものです。
また、トラネキサム酸はのどの薬としても使用されており、炎症を抑える働きもあります。
そのため、かゆみやかぶれなどの肌トラブルを起こしやすい人でも安心して使用できる成分です。

 

 

ビタミンC誘導体

 

乳首 ピンク

 

トラネキサム酸と同様に比較的刺激が少なく、安心して使用できる成分がビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体が優れているのは、黒ずみの予防と改善の双方に働きかけてくれること。
メラニン色素の生成を抑制すると同時に、できてしまったメラニン色素を還元する働きもあります。
紅茶にレモンを入れると色が薄くなるのもビタミンCの還元力による作用なのだとか。
また、ビタミンC誘導体はコラーゲンを生成する働きもあり、ふっくらとした弾力のある肌へと導いてくれます。
ビタミンC誘導体配合のクリームや化粧水などは比較的安い価格で手に入ることもあり、続けやすいのも大きなメリット。
ただし、ビタミンC誘導体には皮脂を抑制する働きがあるため、乾燥が気になるお肌には注意が必要かもしれません。

 

 

プラセンタ

 

乳首 ピンク

 

化粧品に含まれる保湿成分としてもおなじみのプラセンタ。
実は厚生労働省に効果効能が認められている美白成分の一つでもあります。
プラセンタは皮膚細胞の新陳代謝を促進し、メラニン色素の沈着を抑制。
さらに排出を促す働きがあります。
また、プラセンタには抗炎症作用があるため、色素沈着の原因となる炎症予防にも最適です。
保湿成分としても高い作用が期待できる優秀成分です。

 

 

アラントイン

 

乳首 ピンク

 

アラントインは炎症を抑制し、皮膚細胞の増殖を促進する働きがあります。
アラントインそのものには、メラニン色素を抑制する美白作用はありません。
しかし、表皮細胞のターンオーバーを促進することで、メラニン色素の排出を促す働きがあります。
年齢と共に色素沈着が気になり始めた乳首や、乾燥などで炎症を起こした乳首のケアに最適です。
アラントインは抗炎症作用にも優れており、お肌に優しいのも大きな特徴。
一時期、話題となったカタツムリクリームの美肌成分と言われるとピンとくる人もいるのではないでしょうか。

 

 

体の内側から乳首の美白をサポート

毎日口にする食事でも美白をサポートし、乳首の黒ずみ対策に役立てることが可能です。
身体の内側と外側からしっかりとケアすることで、黒ずみにもしっかりとアプローチすることができるかもしれません。
とは言え、特定の成分ばかりを摂取したり、サプリだけで効果を期待するのはおすすめしません。
バランス良く様々な栄養成分を摂取した上で、きちんとスキンケアを行うことで高い効果が期待できると言えます。

 

 

ビタミンA

 

乳首 ピンク

 

乳首が黒ずむ原因の一つが、加齢によるターンオーバーの乱れです。
ターンオーバーの乱れによって、古い角質が表皮に残ることによって、メラニンが排出されずお肌に沈着してしまいます。
ビタミンAには、皮膚の修復を促進し、ターンオーバーを促進する働きがあります。
ビタミンAと言われてもあまりピンときませんが、「レチノール」という美容成分は聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。
美容皮膚科で乳首の黒ずみ治療に活用されている「トレチノイン」もビタミンAの仲間。
ビタミンAがいかに美肌に有効な成分であるかがうかがえます。
レチノールやトレチノインは直接お肌に塗るとなると、刺激が強く注意が必要な成分。
ですが、身体の中から摂取するビタミンAなら肌荒れの心配もなく安心です。
とは言え、ビタミンAは大量に摂取すると過剰摂取の恐れがあります。
緑黄色野菜に含まれるβカロチンなら、体内で必要な分だけビタミンAに変換され、過剰摂取の心配がありません。

 

 

ビタミンC

 

乳首 ピンク

 

ビタミンや栄養成分に興味は無くても、ビタミンCの美白作用は知ってる人も多いのではないかと思います。
黒ずみの原因となるメラニン色素は、チロシナーゼと呼ばれる酵素の働きによって合成されます。
ビタミンCにはこのチロシナーゼを阻害する働きがあるのだとか。
また、ビタミンCはコラーゲンの合成を促進し、ハリや弾力のあるお肌にも欠かせない成分です。
ビタミンCは水溶性ビタミンのため、一度に大量に摂取しても身体に吸収されなかった分は排出されてしまいます。
そのため、一日数回に分けて摂取した方が効率良く摂取できるでしょう。
ビタミンCの1日の摂取推奨量は100mgとされていますが、これは壊血病を防ぐために算定された最低限の量です。
美容効果が期待できるビタミンCの摂取量は1,000~2,000mgと言われています。
サプリメントなどを活用すると効率良く摂取することができそうです。

 

 

ビタミンE

 

乳首 ピンク

 

乳首の黒ずみの原因はメラニン色素の活性化。
そのメラニン色素を活性化させる犯人が活性酸素だと言われています。
活性酸素は紫外線やストレス、喫煙、食品添加物などによって体内に発生するとても厄介な成分。
黒ずみだけでなく、シミやしわ、たるみなどあらゆる老化の原因に関わっているのが活性酸素だと言われています。
ビタミンEにはこの活性酸素を排除する働きが優れており「若返りのビタミン」とも呼ばれています。
さらにビタミンEには血行を改善する働きがあり、新陳代謝の促進にも欠かせない成分。
ビタミンEそのものが美白に作用することはありませんが、美白をサポートしてくれる強力な成分とも言えます。
特にビタミンCと併せて摂取することで高い美肌効果が期待できるのだとか。

 

 

鉄分

 

乳首 ピンク

 

鉄分と言うと、血液を連想する人も多いかもしれませんが、実は皮膚にとっても大変重要な成分。
鉄分には皮膚や粘膜の合成を促進し、お肌のターンオーバーを正常化する働きがあります。
また、ビタミンCと併せて摂取することで、コラーゲンの生成を促進し、ハリと弾力のあるお肌へと導いてくれる優れもの。
黒ずみの根本的な原因となるのは体内で発生した活性酸素です。
しかし、人間の体内では活性酸素を除去するカタラーゼと呼ばれる酵素が生成されており、活性酸素から守ってくれています。
このカタラーゼの生成に欠かせない成分が鉄分なのだとか。
鉄分を補うことで、活性酸素に負けない身体へと近づくことができると言っても良いかもしれません。
鉄分は黒ずみの悩みと原因の両方にアプローチしてくれる優秀美肌成分とも言えそうです。

 

 

亜鉛

 

乳首 ピンク

 

亜鉛は日本人に最も不足している栄養成分の一つだと言われています。
精力アップの働きが注目されがちな亜鉛ですが、実は優れた美肌作用の持ち主。
亜鉛には皮膚細胞の増殖を促進し、皮膚の健康を維持する働きがあると言われています。
お肌のターンオーバーを正常化する働きに優れており、メラニン色素の排出を促す働きがあります。
また、黒ずみの原因の一つがホルモンバランスの乱れ。
亜鉛にはホルモンバランスの乱れを整える働きもあり、ホルモンバランスが原因の黒ずみの悩みにも頼もしい味方です。

 

 

L-システイン

 

乳首 ピンク

 

L-システインはアミノ酸の一種で、毛髪や皮膚、爪を構成する成分の一つです。
L-システインはメラニン色素を抑制するだけでなく、メラニン色素を無色化する働きがあるとされています。
そのため、できてしまったシミやそばかすにも効果が期待できる美白成分としても人気。
ただし、サプリなどで大量に摂取した場合、白髪が増えるといった副作用があるとのこと。
L-システインの美白力がいかに強力であるかがうかがえます。
ちなみに、白髪を予防するのであれば、L-システインとビオチンを併せて摂取すると良いそうです。

 

 

リコピン

 

乳首 ピンク

 

トマトの栄養成分としてもおなじみのリコピン。
別名「食べる日焼け止め」と呼ばれているほど、美白作用に優れた成分でもあります。
リコピンには、メラニン色素の合成を抑制する働きがあり、その効力は美白成分アルブチンに匹敵するとも言われているのだとか。
「これ以上黒ずみを濃くしたくない」という人には欠かせない栄養成分だと言えそうです。
美肌効果を得るために必要なリコピンの摂取量は1日当たり約16mgとのこと。
だいたい中サイズのトマト2個分だそうです。
トマトは脂溶性の成分なので、油で調理するとさらに吸収率が高まるのだとか。
毎日2個もトマトを食べるなんてムリ、という場合には、トマトジュースでも良いそうです。

 

 

実体験から選んだおすすめの乳首の黒ずみ対策クリーム

ホスピピュアの特徴

ホスピピュアは湘南美容外科と共同開発した乳首の美白専用のクリーム。 美白成分トラネキサム酸を配合しており、天然成分、無添加にこだわった美白クリームです。 さらに、スクワランやシアバターなどの保湿成分が配合されており、敏感肌にも優しい処方。 商品名やブランド名が分からないように配慮した梱包で届くので、家族に内緒でも安心。 徹底美白コースなら約39%OFFの5,500円、2回目以降もずっと5,500円で継続することができて大変お得です。 また、90日間の返金保証があるので、万が一お肌に合わなくても安心。

価格 5,500円
返金保証 90日間
評価 評価5

ホワイトラグジュアリープレミアムの特徴

ホワイトラグジュアリープレミアムには3種類のビタミンCを独自処方した「スーパーVCT」を配合した乳首専用の美白クリーム。 生ビタミンC、水溶性ビタミンC、油溶性ビタミンCの3種類のビタミンCの働きで、メラニン色素の発生源である基底層まで浸透し、作用します。 さらに、ヒアルロン酸、プラセンタ、ビタミンE、コラーゲン、アロエベラエキスなど7種類の保湿成分を配合。 商品は中身の分からないゆうパケットでポストに投函されるので、留守中でも家族にバレずに受け取ることができます。 お得な定期購入なら4,000円OFFの5,980円、定期購入を続けた回数に応じて割引率もアップしていきます。 万が一、肌荒れがあった場合には最大90日間の全額返金保証があるので安心。

価格 5,980円
返金保証 90日間
評価 評価4.5

イビサクリームの特徴

イビサクリームはワックス脱毛サロンのイビサワックスが開発したデリケートゾーン専用美白クリームです。 美白成分トラネキサム酸、抗炎症成分のグリチルリチン酸2Kが配合されています。 さらに、ヒアルロン酸ナトリウムやシロキクラゲ多糖体、ローズ水など8種類の保湿成分を配合。 商品は宅配業者にも中身が分からないレターパックで届くので、留守中に家族が受け取っても商品がバレる心配がありません。 定期配送の集中ケアコースなら、30%OFFの4,970円、カード決済ならさらにお得な4,470円で購入可能です。 28日間の返金保証があるので、安心して試すことができます。

価格 4,470円
返金保証 28日間
評価 評価4

ビローザの特徴

ビローザは美白成分トラネキサム酸に加えて、抗炎症成分グリチルリチン酸ジカリウムを配合した乳首専用の美白クリーム。 さらにコラーゲンやヒアルロン酸など24種類の天然成分を配合。 独自技術でナノ化した成分が肌の奥までしっかりと浸透します。 商品は目隠し梱包のゆうパケットでポストに投函されるので、不在時でも受け取り可能で家族に内緒でも大丈夫。 定期コースなら54%OFFの3,980円とリーズナブルなお値段も魅力です。 万が一、肌荒れがあった場合には25日以内であれば全額返金保証があるので安心。

価格 3,980円
返金保証 90日間
評価 評価3.5

 

 

更新履歴