ビローザの画像付き実体験

 

ビローザ

 

若い頃はそんな黒くなかったと思うのですが、出産授乳後、乳首が黒ずんでまるでレーズンのよう。

 

出産授乳で黒ずんだ乳首は、授乳後元に戻ると言われていますが、一向に戻る気配もありません。

 

温泉に行ったときに、気にしているので、ついつい他人の乳首に目がいってしまって……。

 

他人から乳首の黒ずみを指摘された事はありませんが、心の中では「黒いな…」と思われていたとしたらショックです。

 

乳首の美白方法について調べてみたところ、乳首美白専用クリームがあることを知りました。

 

その中でも特に気になったのが「ビローザ」という黒ずみ対策ジェル。

 

ビローザは安心な日本製の製品で、美容成分99.5%・無添加処方だから肌に優しく使えそうです。

 

 

ビローザ

 

ビローザはネット限定の商品ですが、美白クリームとはわからないように、ゆうパケットで届けてくれるそう。

 

家族に気付かれる心配がなく受け取れるそうなので、安心して購入してみようと思います。

 

届いたビローザは、ほっそりとしたチューブタイプの容器。

 

白を基調としたシンプルなデザインで、普通の美容クリームと変わらない見た目です。

 

いつものスキンケアと一緒に、洗面所い置いておいても大丈夫。

 

大きさは16cmほどなので、旅行のときもポーチに入れて持ち歩いけます。

 

 

ビローザ

 

乳首の黒ずみの原因は、下着による摩擦などが原因の一つなんだそう。

 

だから乳首の黒ずみを改善するためには、ターンオーンバー整えて、肌の生まれ変わりを促すことが大切とのこと。

 

ビローザの美白成分はトラネキサム酸配合。

 

トラネキサム酸が黒ずみの元になるメラニンの生成を抑えて、透明感のある肌に導いてくれるんですって。

 

他にもコラーゲン・ヒアルロン酸などの天然由来の保湿成分が入っているので、保湿マッサージの効果で憧れのマシュマロバストに近づけるんそう。

 

 

ビローザ

 

ビローザの使い方は、お風呂上りなどの清潔な肌に1日1回ぬります。

 

最初はバストトップにぬりこみ、その後はバスト全体に広げてぬるとのこと。

 

バスト全体を下から上、ワキ胸から背中へ丁寧にマッサージするんだそう。

 

1日1回のケアだから、無理なく簡単に続けられそうです。

 

お風呂上りに合わせてバストケアするから、家族の目を気にせず、鏡を見ながらしっかりとケアできます。

 

 

ビローザ

 

ビローザの使う量は、片胸に1円玉大の大きさが目安。

 

手に出してみると、みずみずしい感じの白色ジェルです。

 

匂いはほとんどなくて、肌に優しい触り心地。

 

ビローザは無添加処方なので、デリケートゾーンやワキなど、全身どこでも使うことができるんだそう。

 

 

ビローザ

 

手に出したビローザを指で広げると、スーッと伸びていきます。

 

とても柔らかなジェルなので、肌の上を滑るような感じ。

 

1円玉サイズの量は結構多くて、胸全体をしっかりとマッサージできそうです。

 

 

ビローザ

 

たっぷり量のジェルなので、手のひらで抑え込むようにビローザを浸透させていきます。

 

ビローザが肌に浸透した後は、肌がしっとり。

 

肌がうるおっているけれど、ベタつかなくていい感じ。

 

お風呂上りにバストにぬって美白美容成分を閉じ込めて、そのまますぐに下着をつけることができます。

 

 

ビローザ

 

ビローザを使い始めて3週間。

 

毎日お風呂上りにビローザでバストマッサージを続けています。

 

ビローザの使い方は乳首だけではなく、胸全体をマッサージするようにぬるのが特徴。

 

マッサージしながら使えるので、バスト全体がうるおって美肌になってきたような気がします。

 

しぼんで垂れていた胸にハリが出てきたみたい。

 

マシュマロバストに近づいて、バストが若返ってきたのは嬉しいです。

 

気になる乳首の黒ずみはそれほど変化はありませんが、少しだけ黒ずみが薄くなってきたかも。

 

乳首の色が明るくなるまでは時間がかかると思うので、もうしばらくビローザを使って頑張りたいと思います。

 

 

ビローザ

 

>>>>> ビローザの公式通販サイトはこちら